FAQ

よくある質問

みなさまから寄せられる質問をまとめました。
お問い合わせの際にご確認ください。
よくある質問を読んでも解決しない場合は、お気軽にお問い合わせください。

機械が苦手なので操作できるか心配です。

ご安心ください。
弊社のシステムは「らくらく操作」がウリで、わかりやすい大きなマークを押すだけで、再生や画面切り替えができます。
設置工事完了時に、担当防犯設備士から操作説明をし、わかりやすいイラスト中心の簡易説明書を配布しております。
 
防犯設備士の資格を持つ熟練のスタッフが、操作方法をお答えします。
その際にも、押すボタン一つ一つを順を追って説明いたしますので、オペレーターの指示通りに操作すれば大丈夫です。

マンションの古い防犯カメラを高画質でコストも下げることは可能ですか?

お任せください。
6~10年前に設置した防犯カメラが、その耐用年数からそろそろ交換の時期に来ているお客様が多いようです。最初に設置した防犯カメラは、アナログ40万画素の同軸ケーブル配線の物であることが多く、弊社では配線をそのまま利用することで工事コストを抑え、200万画素の高画質カメラに入れ替えています。古い防犯カメラを設置したときよりもコストが下がることも多々あります。

近年は、防犯カメラの高画質化は「デジタル方式にしないといけない」といって、高コストなカメラシステムでの提案を受ける事例が稀にありますが、そのようなことをしなくても、高画質化する方法は多数あります。 
マンションの防犯カメラ入れ替えについては、数多くの実績とノウハウを持つ弊社防犯設備士にお任せください!現地調査、理事会でのプレゼン、カメラ実機での映像デモも無料で行っております。

お見積りは無料ですか?

はい、もちろん無料です!
「どこに何台つければいいのか、わからない」という方も沢山いらっしゃいますので、無料で防犯設備士が現地を確認のうえ、カメラ設置位置や機種・台数の選定をし、詳細お見積りをお出ししています。
 
また、ご導入前に実際の防犯カメラ映像を見ていただき、映像品質や夜間の映りなどもお客様にご確認していただけます。
より詳細のご検討や、間違いのない選択をしていただくために、弊社防犯設備士が全力で協力いたします!お客様の安全・安心のために全力を尽くします!

急いで設置したいのですが対応してもらえますか?

お任せください!ご事情に合わせてできる限り調整いたします!
即日の防犯設備士派遣も行っておりますので、お気軽にご連絡ください!

防犯カメラの保証はどの程度までできますか?

ご利用期間中の通常使用による故障は、すべて保守サービス対象内とし追加料金なしで保証しています。
もちろん、その際の出張作業費や、録画装置内のハードディスクのような消耗品交換も保守サービス内で対応しております。
自然災害や侵入者による破壊行為などによる故障は、メーカー保証も弊社保証も対象外となりますが、弊社のプランには「総合動産保険」が含まれており、自然災害や破壊行為による故障も保険でカバーできます。

保守サービスと保険両方が揃うことで、万が一の故障への十分な備えとなり、安定稼働を実現することができます。

音声を聞いたり、録音することはできますか?

はい、できます。
防犯カメラにマイク機能が内蔵されているものもありますし、小型集音マイクを別途設置することも可能です。マイクで拾った音声は、そのまま防犯カメラの録画装置で録音・再生することができます。
また、遠隔地のPCやスマートフォンやタブレットで、防犯カメラ映像とともにリアルタイムの音声を聞くこともできます。
弊社標準品の集音マイクでも、周囲5m前後の通常の会話の音声を集音することができます。
 
レジ付近に設置し、接客のやり取りを録音して、トラブルや行き違いの際の証拠にしたり、室内中央あたりに設置して全体の音声を集音し、現地の活気を知るためなどにご利用される方が増えています。

全国50店舗に遠隔監視システムを設置できますか?

はい、お任せください! 
弊社は全国のショッピングモールでの工事実績も多数ありますので、新装開店の際やリニューアルの際に内装業者様や電気工事業者様と連携を取り、進行に影響を出さずに、スピーディかつスムーズに工事を完了させることができます。

また、弊社の遠隔監視システムは、PC、スマートフォン、タブレットすべてに対応しており、本部様からのPC監視の際には254台分のカメラ映像を一括監視できるため、面倒な操作なしに全拠点監視や拠点の比較ができます。オプションで現地の音声も聞き取れるようにできますので、より詳細に遠隔地から現地のマネージメントができます。

多拠点遠隔監視をご検討の際は、是非一度、弊社の遠隔監視デモンストレーションをご利用ください。
専門の防犯設備士が、カメラ実機や携帯端末を持参のうえで、無料でお打合わせにうかがいます!

防犯カメラの映像はどれくらい録画できますか?ビデオテープの定期的な交換は必要ですか?

ビデオテープなどの定期的な交換は必要ありません。現在はハードディスクを内蔵した「デジタルビデオレコーダー」という防犯カメラ専用の録画装置で録画するため、ディスクがいっぱいになったら、自動で古いものから順に上書きします。

また、録画時間については、機種やカメラ台数にもよりますが、弊社では1ヶ月以上を目安に機種の選択や設定をしています。

お客様のご要望に応じて、必要な録画時間数を満たせるよう、機種の選定や設定、ハードディスクの容量を増設することができます。H.264方式遠隔監視録画装置【JSD5004H】 地デジと同じ200万画素のハイビジョンカメラ映像を1ヶ月以上連続録画可能です。

人の動きがあったときだけ録画する防犯カメラはありますか?

はい、ございます。
画面上で人や物の動きを検知する機能が、弊社の防犯カメラや録画装置には搭載されています。
動きがあった時だけ録画をしたり、録画状態を表す横棒グラフに、動きがあった時間だけ色をつけて、動きがあった時間を一目でわかるようにできます。

この機能を使うことにより巻き戻し不要で、簡単に見たい時間帯を再生できます。

携帯電話で防犯カメラの映像を見ることはできますか?

はい。できます。
リアルタイムでカメラ映像を見るだけでなく、現場の音声を確認したり、カメラを上下左右操作・ズーム操作することが可能です。また、録画データの再生も行うことができるため、いつでもどこからでも現場の様子が手に取るようにわかります。

遠隔監視はPC、携帯電話、スマートフォン、タブレットに対応しています。

自治会で街頭に防犯カメラをつけたいのですができますか?

最大限のご協力をします!
街頭に防犯カメラを付ける際、電柱の使用許可、電力会社への申請、工事の際の道路使用許可や高所作業車の手配、交通誘導員の手配など、さまざまな手続きが必要です。
また、地域によっては、地方自治体より防犯カメラ設置の助成金が出るケースも増えており、助成金申請にも煩雑な手続きが発生します。弊社では、街頭防犯カメラシステムの販売・設置だけでなく、各種申請のアドバイスや協力にも力を入れております。

街頭の防犯カメラシステムは、録画データを見るときに、どのようにして見るかが非常に重要になります。一般的な街頭防犯カメラシステムは、SDカードをカメラ本体にさして録画しています。その場合、録画映像を見るためには、その都度はしごを使って、高所にあるカメラからSDカードを取り出さなければならないため、運用に手間がかかります。

弊社の街頭防犯カメラシステムは、施錠のできる録画ボックスを任意の場所に設置できるため、SDカードの抜き差しも、映像の確認もはしごを使わずにできます。また、録画がきちんとできているか、故障がないかは、録画ボックスについているランプで確認できるため、「有事の際に再生しようと思ったら、故障していて録画できていなかった」ということを防げます。
 
街頭の防犯カメラシステムは、各種申請サポートから機器選定、設置まで、弊社にお任せください。

夜間の真っ暗な場所でも防犯カメラで撮影できますか?

はい。できます。
もし明かりがまったくない真っ暗な場所でも、赤外線照射タイプの防犯カメラであれば、カメラ自身が人間の目には見えない光を照射し、鮮明な白黒映像で撮影ができます。
 
また、わずかでも明かりがある環境であれば、高感度タイプの防犯カメラで、そのわずかな明かりを機械で増幅し、明るい映像で撮影することができます。
 
現場の環境に応じて最適な防犯カメラを選ぶことができるかどうかで、鮮明な映像で撮影できるかどうかが決まります。防犯カメラの選定については、弊社防犯設備士までご相談ください。

防犯カメラを導入するにはどれくらいの費用がかかりますか?

通常は設置工事費と機器代金がかかり、カメラ1台のシステムで約30~40万円程度かかります。
このような買取プランの場合、メーカー保証期間外の故障は別途有償修理となり、1回の故障につき、数万円の修理費用が発生します。
 
弊社の場合は、初期費用・工事費用は無料で、1日250円~の機器利用料金のみで導入が可能です。
また、保守・保険も含まれているため、万が一の故障の際にも、追加料金なしで修理いたします。

警備会社との違いは何ですか?

警備会社のセキュリティとは、異常があった時に駆け付けることです。
しかし、泥棒の犯行がスピード化しており、5分程度で犯行を終えてしまうため、警備員の駆け付けは間に合いません。

弊社のセキュリティは「未然に防ぐ」「触らせない・入らせない」をコンセプトに、敷地外周からセンサーを張り巡らし、泥棒が一歩入った瞬間に、音と光で威嚇撃退をします。

場所によって設置する防犯カメラは違いますか?

はい、異なります。環境に応じたカメラを設置しないと、「逆光で人物が真っ白」「映像が暗すぎて動いているものが何なのかもわからない」「対象物が小さく撮影されて、よく見えない」など、不満足な結果になってしまいます。

さまざまな環境でしっかりと撮影するために、防犯カメラの機能も機種も多種多様になってきています。
 
防犯カメラの機種選定や設置場所の選定は、弊社防犯設備士にご相談ください。
現場調査のうえ、その環境に最も適した防犯カメラを選定いたします。
どのような場所でも最高の映像品質を保証する、豊富な防犯カメラのラインナップです。

防犯カメラの設置にはどのくらいの期間がかかりますか?

お申込みいただいてから最短3日程度で設置におうかがいします。設置工事はお客様のご都合のよい時間帯に合わせて行います。(深夜でも早朝でも別途料金などは一切発生しません)

カメラ1台の工事であれば2~3時間程度で終わることがほとんどで、複数台の場合でも5~6時間で施工完了します。

施工自体は防犯機器専門の工事チーム(ほとんどのスタッフが2,000件以上の工事実績があります)が行うのはもちろんですが、工事開始から終了まで、専門の防犯設備士が立ち会いますので、設置場所や配線方法などもしっかり監督し、お客様のご要望に合うものとし、工事終了後の操作方法の説明まで責任をもって行います。

泥棒に配線を切られたらセキュリティシステムはどうなりますか?

センサーなどのセキュリティシステムも、防犯カメラシステムも、万が一の切断の際には、ただちに切断信号を発信します。
 
現地に警報ベルやサイレンがある場合は、一瞬にして現地でけたたましい威嚇音がなり、泥棒を撃退します。
 
また、切断信号が出た際には、オーナー様の携帯電話へすぐに異常発生の通知が届きます。

ネットなどで販売している激安品との違いは何ですか?

激安品は主に台湾や韓国から20~40ドル程度で輸入したカメラです。
そのため、故障率に不安があり(驚くほどよく壊れる)、また、故障の際に修理がききません。(激安業者は修理技術がないため、故障品は輸入元の台湾・韓国に送って修理します)保証期間外の場合は買い直しになります。
 
また、夜間の映像が防犯上不十分なものがほとんどです。
 
弊社では信用のある国内TOPメーカー各社のカメラを、専門の防犯設備士が慎重に選定しているため、高い映像品質を保証できます。
また、故障の際も、追加料金なしで速やかに修理サービスをご提供できます。

監視カメラを設置したいのですが、無人の敷地なので電気やインターネットが来ていませんが、どうしたらいいですか?

ご心配いりません。電気の引き込み工事も、インターネットの引き込み工事も、弊社で手配いたします。 
監視カメラ設置にかかわることはすべて弊社防犯設備士にお任せください。

防犯カメラでナンバープレートや人物の人相、紙幣の金種まで識別できますか?

はい。できます。
カメラの設置位置やレンズの倍率を調整したり、専用の機種を使用することでご要望にお応えできます。
 
たとえば、ナンバープレートの撮影は、動いている車の撮影になったり、ヘッドライトが強烈な逆光になったりしますので、専門の防犯設備士が環境に応じた機種を適切な設定で、適切な場所につける必要があります。
 
防犯カメラの設置については、弊社防犯設備士にご相談ください。

防犯カメラの電気料金はどれくらいかかりますか?

一般的な家電と比べてもかなり安い水準です。
たとえば32型の液晶テレビが100W前後に対し、防犯カメラ1台の消費電力は5W前後です。
24時間作動していることを考えてもカメラ1台、1ヶ月約100円です。

防犯カメラの映像を、持っているテレビにつないで見ることはできますか?

はい。できます。
古いブラウン管のテレビでも、余っているPCモニターでも、液晶テレビでもつなぐことができます。
 
テレビの種類によってつなぐためのケーブルが決まっていたり、つなぐことができる機種が限定されることもありますので、弊社防犯設備士までご相談いただくことをおすすめします。

防犯カメラをマンションに設置したいのですが、プライバシーの問題はありませんか?

現在マンションの防犯カメラ設置が急速に進んでおり、運用方法でプライバシーの問題は回避しています。
 
たとえば専有部がどうしても撮影範囲に入ってしまう場合は、防犯カメラのマスキング機能(カメラ映像のうち、指定した部分を黒く塗りつぶし、記録に残らないようにする)でプライバシーを守ります。
 
また、どのような場合に、誰の許可で見る、など運用規定を細かく策定することで、プライバシーを保護します。
 
弊社防犯設備士が、カメラの画角から、運用規定の策定まで責任をもって監修します。

泥棒が入ったときに大きな音で威嚇するそうですが、近所迷惑になりませんか?

泥棒を撃退するために、ある程度の音量は必要です。
ただし、環境やご事情に応じて、音量調整できる機器を選ぶことができます。
ある程度音量を抑えた威嚇も可能です。
 
弊社防犯設備士が無料の防犯診断で、その現場に最適な音量や威嚇方法を提案いたします。

侵入を察知するセンサーは犬猫に反応しませんか?

反応しません。
昔のセンサーは犬猫にも反応してしまい、泥棒の侵入でもないのに警報ベルが頻繁になってしまう、ということもありました。

弊社で採用している機器は「泥棒の侵入なのに反応しない」「泥棒の侵入ではないのに反応する」ことを限界までなくした、高精度センサーになります。

すべての侵入を検知したうえに、対象外の大きさのものは反応をキャンセルする、などの特殊な機能を持たせてあります。

どんな環境でも設置は可能ですか?

ごく稀なケース(水中や溶鉱炉の中など)を除き、可能です。
 
電気が来ていない、借りている場所である、などの場合も、新規で電気を引き込む手配を弊社でしたり、所有者の承諾を取っていただいたりなどをすることで防犯カメラの設置が可能になります。
 
防犯カメラの設置が可能かどうか迷われましたら、弊社防犯設備士までご相談ください。
心配事を解決できるよう提案いたします。

よくある質問

求人情報

求人情報

recruit

よくある質問

よくある質問

faq

Copyright (c) SAFETY24 Co.,Ltd. All Rights Reserved.